シミ・アザ・キズ 体にあとを残さない「超美肌医学」

スポンサードリンク

11/24(土) 「世界一受けたい授業」より

 
シミ・アザ・キズの原因解明!?
体に痕を残さない超美肌医学!

 
教えてくれるのは

皮膚外科学のスペシャリスト
埼玉医科大学教授 市岡 滋先生

スポンサードリンク

 
シミの原因といえば、紫外線が主であると考えられている
しかし、それ以外にもいろんな理由がある!?

 
意外なシミ痕の原因

 
第5位 打ち身による青あざのシミ

内出血するほどの強い打撲をすると、消えないようなシミに!
うまく対処できてないことが原因でシミになってしまうそうです

 
美肌の格言 その一
〈アザができたら心臓より上にすぐ上げろ!〉

 
打撲によって生じる腫れが、非常に症状を悪くする
炎症を長引かせるので、腫れを引かせるために心臓よりも高いところに上げて、
組織の水分や血液を心臓に戻す、ということが大事!
この腫れを引かせることによって、かなり痕に残るシミを減らすことができるそうです

手:三角巾等で腕を置いておく
足:横になり、打ち身をした足を心臓よりも高い所に上げて横になっている
打った直後、たとえ10分でもこれをすることがシミを防ぐために効果的、だそうです

 
第4位 ニキビの痕

ニキビは毛穴が詰まって感染を起こしてなるモノ
ホルモンの関係で、年頃になると増えてくる、と

ニキビが痕になって残ってしまう意外な行為!?
それは
『肌を活性化させる』こと

フェイシャルマッサージのような行為
マッサージで肌も活性化するが、炎症も活発化してしまう…!
そして、この炎症がひどくなって長引けば、ニキビが痕に残ってしまう、ということに!!

ニキビが傷になった時、気をつけるべきことは…

 
美肌の格言 そのニ
〈傷痕を日光に当てるな!〉

 
傷口の赤みは、時間とともに肌色になっていく
ところが、紫外線を浴びてしまうと…
茶色や黒いシミに!

傷が治ったあとは、なるべく紫外線にあてない
これは、すべてのキズに言えること、だそうです!

顔のキズなら、ツバの広い帽子をかぶる
日焼け止めクリームを塗る
絆創膏やガーゼを貼って、光が当たらないようにする
ということも効果的!

 
第3位 ムダ毛処理が原因になったシミ

毛抜きやカミソリなどでムダ毛を処理した時に、毛穴に炎症を持ってしまう
あるいは、膿を持ってしまうことがある
“毛のう炎” といい、
コレが起こると、シミの原因に…!

 
美肌の格言 その三
〈剃る前に温めて、剃ったら水で冷やせ!〉

 
剃る前に温めて毛穴を開き、剃りやすくする
剃ったあとに冷やすことによって炎症を抑える
炎症が起こりにくくなって毛のう炎も起こらず、シミも残りにくくなる、と

 
第2位 火傷のシミ

熱いものでなるヤケド
近年増えている “低温ヤケド” でも残る可能性があるそうです!

それほど温度が高くないものに長時間 皮膚が直接 触れているとヤケドになる…!

典型的には、“湯たんぽ” によるヤケド
最近は、コンピューターのアダプタや携帯型のタブレット端末
皮膚に当たったまま居眠りをしてしまって低温熱傷になる、と!

ちなみに…
日焼けもひどくなれば “火傷” の一種!

 
美肌の格言 その四
〈ヤケドは氷で冷やすな!〉

 
細胞が冷えすぎてダメージを受けて、かえって炎症になって痕が残るそうです

冷やすのは、『水道の水』を使うのが一番!
◯流水で15分ほど冷やす

ただし…
水ぶくれができたヤケドの場合は、見かけよりも深いことがあるので、病院へ!

 
美肌の格言 その五
〈ヤケドでできた水ぶくれは潰すな!〉

 
水ぶくれは天然の絆創膏!
自然の保護膜になって、水ぶくれの液の中には、キズを治すのに必要な成分が含まれているそうです

 
第1位 虫さされの痕が悪化したシミ

虫に刺されるとかゆいのでかいてしまう
すると、皮膚が破壊されて、そこからバイキンが感染して広がる、ということが起こる
これを “二次感染”
最終的には痕が残ってしまう、と!

薬は…

かゆみが止まっても炎症が残っていることがあるので、
かゆみが無くなっても赤みが引くまで薬を塗る方が良いそうです

 
青アザのシミ、やけどのシミ…
痕を残さないためには、適切な応急処置が最も大事!

 
『外傷性タトゥー』
転んだりしてすりむきキズができた時、砂や異物がついてることがある
それを洗い流さずに、皮膚が治ってしまうと…
その上に皮膚が再生して、皮膚の下に異物が残る
まるで、刺青と同じ状態に!
これは一生残っちゃうそうです!!

そうならないためには…
「キズは徹底して水で洗うこと!」

 
 
世界中の医療業界での正しい方法

「モイストヒーリング」
キズを乾かさずに潤いを保った状態にして治す

ケガをした時に出る、ジュクジュク液に “治癒効果” があるため
“かさぶた”があると、この液が活躍できず、皮膚の再生も妨げるので、
“乾燥しないタイプ” の絆創膏で対処!

 
最新のモイストヒーリング技術

例えば、糖尿病の足で切断をしなければならないようなキズも、今は切断せずに治る!
という時代

治らないと諦めているようなキズも今は技術の進歩で治るようになってきているので、専門の医療機関に相談いただければ…

と、市岡先生

 
打ち身やかいちゃったあとのシミ…
結構、あるわ~…^_^;
これ以上、増やさないようにしなくちゃっっ!
 

スポンサードリンク
レクタングル大
レクタングル大
おすすめ記事
こちらの記事もいかがですか?

フォローする