今年の「毒」は今年のうちに!お疲れ「ボディ」大掃除スペシャル!! 『毒水編』 ~カラダのキモチより~

スポンサードリンク

12/25(日)のカラダのキモチは

『カラダの大掃除』

身体に溜まった3つの毒の『毒水』編
プレゼンターは、深沢邦之さん

今年の毒は今年のうちに!
おつかれボディ大掃除スペシャル!!

POINT(2)
全身をめぐる恐怖!
毒「水」浄化大作戦!!

『毒水』の正体とは???

スポンサードリンク

仕事の疲れかと思ったら、実は、意外な病気が潜んでいるかも!?

実際の症例より

健康体が自慢の会社員46歳の方
タバコは吸わず、晩酌は週1回
当時、少し食欲が無いのが気がかり…

ある朝、吐き気と倦怠感に襲われ、起きることが出来ず、病院へ!

東京都大田区にある
東邦大学医療センター大森病院
腎センター 教授
医学博士 酒井 謙先生のもとへ

この症例の方は、「尿毒症」という病気だったそうです

ということで、深沢邦之さんも検尿を!?

顕微鏡で見てみると、何も映っていませんでした
ちなみに、「何も映っていない」のは、健康な証拠だそうです~^m^

次に見た尿は…
カスがアチラコチラに???

腎臓が壊れて、そのこぼれカスが尿の中に出ている
「慢性腎臓病の尿」の画像でした…!

腎臓とは、尿を作っている臓器
新陳代謝のアカやエネルギーの燃えカスなどの老廃物をのせた血液(毒水)を
“糸球体” という、血管のかたまりでろ過し、不要なものだけを尿として出している、と
それが健康な尿!
健康な尿は顕微鏡に何も映らない、と!

がっ!
腎臓が壊れている場合…
糸球体と尿細管の細胞が尿に混ざって出てきてしまう!?

最終的に…
腎臓は毒を外に出す臓器なので、壊れカスが出てくるような場合、毒を外に出すことができなくなって、毒素として身体に溜まっていくと “尿毒症” という、命をとられる病気になってしまうそうです…!

糸球体が壊れるとうまくろ過ができなくなり、毒素が溜まる…

待っているのは「人工透析」!
機械で血液をキレイにする治療…!

慢性透析患者数は日本人の間で急増していて
年々、1万人ずつ増えてきているそうです!

 
腎臓を労わないといけない、と!

尿毒症になった誘引の1つは晩酌
「塩分」の摂り過ぎ!

そこで、腎臓の機能を確かめる実験をしてみることに!

男性6人で昨晩から絶食
午前中に採尿
3人はビール1リットルと塩辛27g(塩分量4.7g)を
3人は水1リットルを摂取して…
飲み始めてから2時間以内の尿を検査してみる、という実験

尿中の老廃物(U-CRN)
水チームの尿に含まれる老廃物は減少
ビールと塩辛チームはバラバラ!

水のみの場合、腎臓から出す老廃物が少なく、
ビールと塩辛は、その量が様々だった、ということ

短時間でも
ビールや塩辛に含まれるタンパク質、塩分など余分なものを排出している、と!

タンパク質の大量摂取とか塩分の大量摂取の持続は、腎臓を疲弊させてしまう、と、酒井先生

そして…
ビールと塩辛チームの1人の尿に変化が!?

飲食前の尿のpH7.6 アルカリ性だった尿が
飲食後の尿のpH6.6 酸性の尿に!

血液のpHは、7.4中性で一定
この数字が0.1でも変わるとキケン!?

血液のpHを調節するのが腎臓、と

ビールと塩辛は「酸性」の食品
それらを摂ったことで、血液を酸性にしないため、尿に酸が出た、と

主な酸性食品
肉類・卵・穀類・魚類・砂糖

食べ過ぎると尿が酸性に傾く…
この酸性の尿がキケン!
尿の酸性が強いと、1.3倍、慢性腎臓病になりやすい、というデータがあるそうです

食生活が乱れがちな年末年始…
腎臓を労りましょう~!

 
東邦大学医療センター大森病院
腎センター 教授
医学博士 酒井 謙先生がスタジオに

 
毒水チェック
(1) 顔がむくみやすい
(2) 尿が泡立つ
(3) 食べ過ぎてないのに体重が数日で1~2kg増えた
※どれか1つでも当てはまれば、『毒水』がたまっている可能性アリ!

重要項目は「尿が泡立つ」
「たんぱく尿」があるかどうか!
腎臓の機能低下により、タンパク質がろ過されずに尿へ
タンパク質が含まれると表面張力の作用で泡が立つ、と
尿糖の場合もあるそうです
尿検査をするべき、と!

対策は
「塩分制限」が1つ!

塩分を多量に摂取すると血液量が増加して血圧が上がる
血液が上がると腎臓が壊れ、ろ過機能低下…
ろ過機能を良くしようと、腎臓が血圧を上げてしまうそうです

1日の塩分摂取基準
7.5g~9g

年末年始に食べるおせち…

おせち1人前(10品)の塩分は…「6.4g」
お雑煮1人前の塩分が「2g」
(栄養と料理より)
1日分の塩分がオーバーに!!

ということで紹介してたのは…
「カラダのキモチ減塩スペシャルおせち」!

昆布巻きは煮しめに!
昆布巻きの塩分で煮物を作ることで、旨みたっぷりで減塩を感じさせない、と
1.7g/30g中 → 0.3g/30g中

数の子と大根おろしの柚子香和え
数の子は大根おろしでボリュームアップ!
大根のカリウムは血圧を下げる、と♪
※腎臓病の方は、カリウム制限の場合があるので、主治医に相談を
0.6g/25g中 → 0.3g/25g中

紅白かまぼこと三つ葉の和えもの
かまぼこは、茹でた三つ葉をプラスして、味付けは昆布茶で!
1.0g/40g中 → 0.5g/40g中

甘辛なます
なますに干し柿を入れて味のアクセントに!
酢はアルカリ性食品
0.2g/30g中 → 0.1g/30g中

伊達巻、松風焼きも一工夫で減塩に!

レシピは「カラダのキモチ」HPで!

 
「毒水を溜めない生活」
タンパク質の摂り過ぎは腎臓に負担をかけるので注意すること!
そして…
寒いと血圧が上昇し、腎臓にも悪影響になるので、暖かく過ごすこと!!

 
おせち…!
そうですか~…
『塩分』を気を付けないといけないのねぇ~…
とりあえず…
大根おろし用の大根も買っときますか~!

スポンサードリンク
レクタングル大
レクタングル大
おすすめ記事
こちらの記事もいかがですか?

フォローする