足腰鍛えて、転倒予防! ~カラダのキモチより~

スポンサードリンク

1/29(日)のカラダのキモチ

谷啓さんが転倒による脳挫傷で死亡…
永六輔さんも昨年末に転倒し、大腿骨骨折し、入院…
転倒した場所が…
「住み慣れた自宅」

高齢者が自宅で転倒し、死亡するケースが意外に多く、年々増え続けているそうです
さらに…
転倒は65歳以上が要介護になる原因5位!

思った以上に危険な「転倒」
しかも、転倒の原因の多くは意外なこと!

『「私はこんなふうに転びました」巣鴨で100人調査!』
『転倒の原因を徹底検証!転ばないヒケツを発見!!』
『病院で実践!転倒予防法』
を教わります!

 
足腰きたえて長生きだ!
元気のヒケツ転倒予防!!

 
POINT(1)
転倒するポイントは「M」にあり!

POINT(2)
目のつけどころで転倒回避!?

POINT(3)
オススメ!転倒予防トレーニング

スポンサードリンク

 
「ここ1年で転んだことがある人」
1年に1回でも転んだことがある人は、“転びやすカラダ” の人!?

 
~なぜ転んでしまう?理由を科学的に検証!~

転ぶ人と転ばない人は、いったい何が違うのか???
どのように転んだりつまずくのか、巣鴨で100人調査!

「階段か玄関の段差、分かっているのにつまずいちゃう」
「布団のカバーに足を引っ掛けて、障子に頭を突っ込んじゃった」
と、敷居などの段差につまずいた人は、60人/100人

 
東京都江東区
産業技術総合研究所
デジタルヒューマン工学研究センター 健康増進技術研究チーム
人間科学博士 小林吉之先生のもとへ

なぜ、そもそもつまずくか?
脚は上がって下がって、もう一回上がって、それから下りるんです
と、小林先生

~M字に動いている!? 足の動きと転倒の関係~

モーションキャプチャーを使って、マックンの足の動きを分析してみることに!

つま先が離れてから一度上がって、前に振り出されるときに下がる
もう一度上がってかかとから着く
から「M字」と!

映像は、歩行時のつま先の軌道を表しているもの
重心が後ろへと変わる時、一度、足が低くなり、その時につまずきやすくなる、と!

~上がってる?上がってない?高齢者の足の高さを調査~

よく転ぶという、春川さん(72歳)と落合さん(73歳)にもモーションキャプチャーをつけて、パックンマックンで足が低くなった時の高さを比較してみることに!

足の高さを見ると…
パックン、春川さんよりも低い結果に!?
でも…
なぜ、春川さんはつまずきやすいのか!?

グラフが表示されているので、何歩か歩いた高さの平均値
一歩一歩、くわしく見てみると…
パックンマックンは平均的な「M字」なのに対し
高齢者の2人は、Mの落ちる高さが低くなったり高くなったりしていました

「その一番低くなったときにつまずきやすい
高齢になっくると筋力が衰えてきたり、感覚が衰えてきたり、加齢に伴う影響で、同じような動きがしにくくなってくる」
と!

筋力が弱いと、同じように歩いているつもりが、「筋力低下」によってブレるのが問題!

~原因は筋肉だけじゃない!足が低くなる理由とは!?~

「孫たち、今頃何やってんだとか考えながら歩いている…
だから、ちょっとつまずく」
「電話だ~って言って、自分で線を踏んで、反対側の足を引っ掛けて転んで、親指を骨折した」
と、歩く以外のことに気を取られていた人が、33人/100人

今度は、パックンと春川さんが「話しながら歩く」ことに
すると…
パックンはほとんど高さが変わらないのに、春川さんは、低くなっていました!

加齢により注意力が低下し、2つのことを同時に行うのが難しい、と…
筋力や注意力の低下によって足の高さがブレるのが問題!

「足が低くなる原因」が分かり、一安心…
でも、つまずく原因は、それだけではない???

~見えていても見えていない!? 目と転倒の関係~

「前は結構見えていたような気がするんだけど、視野が狭まってきてるね
自分では避けたつもりでも物にぶつかったり…」
「昼間はイイけど、夜歩くと、暗いところに段差があると分からない」
と、人や物が避けられない、見えない人が24人/100人

東京都八王子市
首都大学東京 南大沢キャンパス
人間健康科学研究科
准教授 樋口貴広先生のもとへ

自分の肩幅の1.2倍のスペースを通り抜ける実験をしてみることに!

パックンマックンはカラダをひねらず、まっすぐに通り抜けましたが…
春川さんと落合さんは、肩をひねったり、壁にぶつかったりしてました!

私たちは、自然と歩幅を調節して、一番最適な歩き方をしますので、結果的にスムーズに通り抜けられるけど
目が見えづらい、感覚が取りづらくなると、直前でそういった調整をするので、イレギュラーなステップが出てくる
と、樋口先生

そして…
ぶつかった原因は「色」にもあるそうです!

「扉と奥の背景との境界線が分からない」
目の機能低下によって色や濃さの違いに気づきにくい…
夜、トイレなどに行くときは電気をつけて、足元を明るくして歩くように!!

さらに、視力だけでなく、視線にも高齢者が転倒する原因が潜んでいる!?

今度は視線をはかる機械をつけて、マットの赤い部分だけを選んで歩くときの視線を調べる実験をしてみることに!

マックンから
マックンの視線の位置は、2つ先の赤い丸
歩き始めると、常に2つ先の赤い丸を見て歩いていました

そして、春川さんは…
まず、片足が赤い丸に到達するのを見てから、次の赤い丸を見る、という感じでした

筋力低下に加え、感覚の鈍りで、歩くことに精一杯になる…
足元を確認した上で、なるべく前も見て危険を察知するようにして下さい、と!

転倒は様々な原因が重なりあって起きている!
まずは、「なぜ転ぶか?」
を知ることが必要、と!

 
国立長寿医療研究センター
先端診療部 副院長
医学博士 原田敦先生がスタジオに

「高齢者が転倒する場所の63%が自宅…
なおかつ、年齢が高くなればなるほど、その率は上がっていきます」

~転倒発生場所No.1 自宅の危険ポイント~

自宅に潜む、危険ポイントは…

階段、浴槽、玄関などの高い段差
脚を上げる時、バランスを崩しやすく、かなり危険!

高い段差の対処法
・もう1つ段を加え、バランスを崩さなくて済むようにする
・浴槽はイスを置き、座りながら入るようにする

風呂場の床の対処法
・滑り止めのマットを敷く

低い段差の対処法
・敷居などはナナメの板などを置き、段差をなくす

そして…
動線には余計な物を置かないこと!

コード類は、まとめて壁にはわせる
端がめくれたカーペットは、端を固定する

階段の色、廊下の色が同系色…
コントラストが非常に悪いので、階段のエッジの部分が分かりづらい
対処法:テープなどで角を目立たせる

 
歳と共にどうしてもカラダが転びやすいっていうのはどうしようもないものなんですか?
と、根本美緒さんが聞くと…

「歩くのに使う筋肉を鍛えることは有効にできます」
と、原田先生

 
~自宅で実践!転ばないカラダの作り方~

転倒予防のカギは「筋肉」

ふいな衝撃で転んでしまう高齢者は多いそうです…

 
愛知県大府市
国立長寿医療研究センター
理学療法士 中村直人さんのもとへ

基本になるのは、「大腿四頭筋」と「中殿筋」

大腿四頭筋は、立ったときに、ヒザが曲がらずカラダを支える
中殿筋は、立ったときに、カラダが横にブレない
という、必要な筋肉

 
大腿四頭筋のトレーニング
◯イスに腰掛け、片脚を上げ、つま先を立て5秒キープ
この時、ヒザの上に力を入れるのがポイント!
左右10回で1セット 朝夕3セットずつ行う

体力に自信がある場合は、足首に1kg程度の重り(ペットボトルなど)をつける
※まずは、重り無しで行なってから調節

 
中殿筋のトレーニング
◯ストッキングやゴムなど、伸びるもので両ヒザを結び、仰向けになる
◯両脚を開いて5秒キープ
体力に自信がある場合は、10秒行う
10回で1セット 朝夕3セットずつ行う

継続的なトレーニングで筋力アップし、転ばず元気!!

 
そして…
運動をしたり、鍛えたりすることが出来ない方のために、転倒対策グッズがあるそうです~!

骨が弱っている高齢者が転ぶと、
「大腿骨頚部骨折」という、怖い骨折を起こす可能性があるそうです

大腿骨頚部を骨折すると、歩くことが困難になるため、寝たきりになる可能性が高い
そこで!
クッションの入った下着を身につけるとで、骨折を予防できるそうです
そして、転倒予防靴下もあるそうです~!
生地に工夫がされていて、つま先が自然に上がるため、つまずきにくくなる、と


大腿骨頸部骨折軽減用下着 ピーチパンツセット(下着+プロテクター)


転倒予防靴下 T10/ グレー 25~26cm

転倒予防靴下 アガルーノ ピンク 24-25cm
転倒予防靴下 アガルーノ ピンク 23-24cm

 
転倒しやすい人がいるそうです!
・5種類以上の薬を服用している人
・睡眠薬、あるいは、うつ病の薬などを服用している人
は、転倒の危険が高くなるそうです

 
ゲストの松原智恵子さん
去年の12月に転んだそうですが…
その時に、手を先に着かないで倒れてしまったそうです
何が弱っているのか、聞いてみると…

「反射的な防御反応」が鈍くなっているそうです
人間、転んだ時にどこを守ろうとするかというと、「頭」
それをかばうために必ず手をつく、という動作が自然に出るはず、と、原田先生

 
健康のツボ

『七転び 八起きできると 思うなよ』

 
昔から…
よ~くいろんな所に引っかかってはつまずいてる…^_^;
これは…
集中力不足?
ということにしておきたい…^_^;

スポンサードリンク
レクタングル大
レクタングル大
おすすめ記事
こちらの記事もいかがですか?

フォローする