花粉症予防&症状緩和には、よく煮込んだトマト料理や発酵食品がイイ!? ~みんなの家庭の医学より~

スポンサードリンク

3/13(火)の
『たけしの健康エンターテインメント
みんなの家庭の医学』

長引く治らない症状
本当の原因をもう1度探ります!
名医のセカンドオピニオンSP 第5弾

 
今回、気になった項目は「アレルギー」

この時期のアレルギーといえば「花粉症」!

花粉症なんて関係ない!
という人でも…
もしかしたら、明日、発症するかもしれないのが「花粉症」!!

いつ発症してもおかしくない「花粉症」になりやすい体質かどうか
かくたこども&アレルギークリニック院長 角田和彦先生による
「すぐわかる4問 問診」
を紹介してました!!

スポンサードリンク

花粉症になりやすい体質かどうかすぐに分かる!
4問 問診

(1)花粉以外のアレルギーを持っている

(2)季節の変わり目になると風邪をひきやすい

(3)交通量の多い道路の近くに住んでいる

(4)野菜・果物を煮込んだものや発酵させたものをあまり食べない
例えば
野菜・果物を煮込んだもの:野菜スープ、野菜の煮物、ジャム、果物の缶詰、ケチャップ等
発酵させたもの:味噌、しょう油、リンゴ酢、梅干し 等
これらの食材を普段から食べているかどうかがポイント

そして、この中で1つでも当てはまったら、将来、花粉症を発症する可能性が高い体質と診断されるそうです

 
何故かというと…

・アレルギー体質の人は、花粉症を発症する可能性が高い
・季節ごとに飛散している花粉に反応している可能性がある
風邪、と思っていても、アレルギー症状の可能性がある、と
・ディーゼル車の排気ガスが多いと、花粉症が多くなる、というデータが出ているので、空気が悪ければ、花粉症を発症する確率が高まる
・野菜や果物を煮込んだものや発酵食品は、花粉症の発症を抑える働きがある
よく煮込んだトマトを普段から食べていると、今、スギ花粉症になっている人も症状を和らげる効果がある可能性が分かっているそうです!

 
スギ粉症予防に効果がある
注目食材&効果的な食べ方

花粉の中に、野菜や果物と共通して入っているタンパク質がアレルギーを起こす場合がある
基本的にスギ花粉症だと、トマトの中にスギ花粉症と同じタンパク質が入っているので
スギ花粉症の人は、生のトマトを食べると症状が悪化する場合がある
ところが、煮込んだものとか、発酵させたものを常時食べていると、スギ花粉症の症状を和らげる効果がある、そうです

ということで!

煮込んだトマト料理&発酵食品
野菜スープ、ジャム、ケチャップも効果的、と!

 
とりあえず…
野菜の煮物なんかはよく作ってるし、お味噌汁は毎日飲んでるし
ヨーグルトも毎日飲んでる
4問 問診は、当てはまらない…♪
ということは…!?
花粉症にならない!? って、思ってもイイのかしら~??? ^m^

スポンサードリンク
レクタングル大
レクタングル大
おすすめ記事
こちらの記事もいかがですか?

フォローする