血糖値を上げる「第三の脂肪」を減らす方法! ~みんなの家庭の医学~

スポンサードリンク

4/24(火)の「みんなの家庭の医学」

太ってなくてもキケン!
病を招く『第三の脂肪』

 
皮下脂肪、内臓脂肪ではない
「全く新しい脂肪が発見された!?」

スポンサードリンク

重要キーワード(1)
様々な病の原因になる
【第三の脂肪】

 
第三の脂肪は、目で見えないある場所に存在???

しかも、ごく少量で身体に悪影響を及ぼす、とか???

それは…
「血糖値の上昇」

これまでは、内臓脂肪が血糖値上昇の最大原因と言われていましたが…
近年、「第三の脂肪こそ血糖値を上げる最大の原因である」という疑いが急浮上してきたそうです!

第三の脂肪を放置しておくと…
糖尿病を招き、最悪の場合、心筋梗塞などで命を落とすことも???

 
~どんな人に第三の脂肪がついているのか???~

順天堂大学大学院 代謝内分泌内科学 スポートロジーセンター 准教授
田村好史先生の元へ

MRI を使って、特殊な手法で第三の脂肪を算出する実験を行うことに
協力してもらうのは、第三の脂肪が溜まりやすくなる、と考えられる、40~50代の5名

5名の内、第三の脂肪が溜まっていたのは3名
他の人とどこが違うのか、問診で原因を探ってみると…

共通点が出たのは「運動習慣」
若いころは運動をしていたが、今は「ほとんどしていない」と!

第三の脂肪が溜まっていなかった2名は、ウォーキングなどでこまめに体を動かすよう、心がけている、ということでした

 
第三の脂肪は、「筋肉」にあって、全身の筋肉に第三の脂肪がたまると、病を発症する危険性が高くなる、そうです

なぜ、脂肪が筋肉の中に溜まってしまうのか???

「脂肪は筋肉を動かす燃料」
基本的に、脂肪は食事で体内に入り、最終的には血液で全身へ運ばれる
そして、筋肉を動かすエネルギーになる

食事でとった脂肪が筋肉に蓄えられ、運動によって脂肪が使われる(消費)
次の食事でまた脂肪が筋肉に蓄えられ、運動で使われる…

がっ!
脂肪が蓄えられたあと、動かないでいると脂肪が使われず、筋肉に溜め込まれていく…
この溜まってしまった脂肪が「第三の脂肪」と…!

運動すると、まず「第三の脂肪」が使われ、そのあとで、内臓脂肪や皮下脂肪が使われるそうです…

 
様々な病の原因になるという「第三の脂肪」
その病の代表『糖尿病』

筋肉は糖分もエネルギーにしている
だけど、第三の脂肪が増えると、糖分がブロックされてしまうそうです!
ブロックされてしまうと血液中の糖分が増え、血糖値が高くなる、と!
そして、「糖尿病」に…!!

 
第三の脂肪、油っぽいものを食べ過ぎると、溜まりやすいそうですが
健康的な食事でも、運動しなければ溜まっていく、と!

そして、もう1つ大事なことは
筋肉にある変化が起こることで溜まりやすくなる、と言われているそうです

 
重要キーワード(2)
第三の脂肪が溜まりやすくなる要因
【筋肉の質の低下】

筋肉をあまり使わないでいると、細胞の働きが低下し、酸素を使った脂肪燃焼が減少
結果、筋肉細胞の中に、第三の脂肪が蓄積されていく…

酸素を使った脂肪燃焼の減少が「筋肉の質が低下」していること!

筋肉の質の低下の原因は「運動不足」!

普段の生活のなかで、そこそこ筋肉を使っていれば筋肉の質も保たれるため、第三の脂肪の増加は防ぐことができるそうです

 
理想的なカロリー消費は
「1日10000歩分の運動」

でも、同じ歩数でも体重によって、消費するカロリーが違う…

そこで!

自分の体重にあった1日の消費カロリーをカンタンに計算できる公式!!
「体重×5.25」
どんな体型の人でも、1万歩をしっかり、早足で歩いた時のカロリー数がわかるそうです

 
私の今のところの平均体重は53.4kg
53.4×5.25=280.35kcal
40分の大股歩きウォーキングじゃ、足りてないかなぁ~^_^;

 
普段の生活を変えずに
第三の脂肪を減らす方法

愛知学院大学大学院 心身科学研究科教授
佐藤祐造先生より

普段の生活のなかで筋肉を効果的に使い、消費カロリーを増やす簡単テクニック

サラリーマン向けには
「歩幅アップウォーキング」
今までよりも、歩幅を10~20cm広げて歩く

これだけで、歩数を増やさなくても消費カロリーが増えるそうです
ポイントは、「胸を張って正面を見て歩く」こと

 
まさに「歩幅アップウォーキング」やってる♪

 
主婦向けには
「簡単!家事スクワット」

洗濯スクワット
◯イスに座り、洗濯物は床に置く
◯洗濯物を干すたびに、立ち上がる

イスを使った立ち上がり運動は、「ハーフスクワット」と呼ばれ、ヒザに負担をかけずに消費カロリーがアップできるそうです♪
※痛みが出たら、無理に行わないこと

携帯スクワット
◯あえて、携帯電話をちょっと遠くに置き、携帯電話が鳴るたびに、何度もイスから立ち上がり、消費カロリーアップ!

キッチンスクワット
◯物を取る時は、必ずヒザを曲げて、スクワットの動きを取り入れるように心がける

 
3日間で、基準値よりも減るみたいです♪
ただ、いきなり目標カロリーを達成しようとせず、無理をしないこと!

 
最近、お菓子の量が増えてたからなぁ~…
体重も少し増えちゃったし…
私ももしかしたら「第三の脂肪」が溜まってたかも…(-_-)
反省、反省っ!

スポンサードリンク
レクタングル大
レクタングル大
おすすめ記事
こちらの記事もいかがですか?

フォローする