夏こそ危険!『脳梗塞』 ~「8分」と「3時間」のナゾ~

スポンサードリンク

7/22(日) 健康カプセル!ゲンキの時間
今日のゲンキリサーチャーは、伊東孝明さん

今年の夏も暑い…
この季節、命を脅かす、ある病気に注意が必要!
それは…
『脳梗塞』

虎の門病院 脳神経血管内治療科 部長
医学博士 松丸祐司先生より

「夏には汗をかくことが多いので、脱水症状になりやすい
そうすると血流の流れが悪くなって脳梗塞を起こしてしまう場合があります」と

~夏に脳梗塞が多い理由~
脱水で体内の水分が減少
血液の粘性が増して、血管が詰まりやすくなる、と

夏こそ危険な「脳梗塞」に、大切なキーワード!
「8分」「3時間」

そこで!

夏こそ危険!脳梗塞
~「8分」と「3時間」の謎を追え!~

『体験者が救われた時間のヒミツとは???』
を教わります!

スポンサードリンク

 
気温32℃以上になると26℃の時と比べ、血液の流れが悪くなり、血管に詰まりやすくなる
その結果、65歳以上の脳梗塞の死亡率が約2倍になる、と!

 
【脳梗塞を未然に防ぐ「8分」とは???】

医学博士 松丸祐司先生より

「脳梗塞の前兆として、“一過性脳虚血発作” というものがあって、我々は “TIA” と省略して言いますけども、非常に重要な症状です」と

 
TIA(Transient Ischemic Attack):一過性脳虚血発作
TIAを発症すると、3ヶ月以内に約15%の方が脳梗塞を発症する、といわれているそうです

 
「突然、症状が出るんですけども、ごく短時間で症状が完全に治ってしまう
短い人だと数十秒、多くの場合は、長くても十数分で症状は無くなってしまう
症状の持続時間は、平均すると約「8分」くらいです」と、松丸先生

「脳梗塞の前兆症状である “TIA” を感じるのはわずか8分」

 
「TIA」
血の塊である血栓が、一時的に脳の血管に詰まることで発症
血栓が小さいため、少しすると血栓が流れ、元に戻る

 
「完全に治ってしまうので、
“まぁいいか、ちょっと様子を見ようが”
と、なにもしないで経過を見る方がほとんど」と、松丸先生

 
TIAを見逃して、そのまま就寝…
しかし、小さな血栓のあとには、脳梗塞を引き起こす大きな血栓が控えているため、就寝中に脳梗塞を発症…
そのまま亡くなってしまうケースが多い、そうです

 
〈TIAはどんな症状なのか???〉

体験者の小澤さん(74歳)のお宅へ

小澤さんが感じた異変とは…

「大きい異変は感じなかった
左手がちょっと、物がつかみにくい感じだった」
そうです

2012年5月 家族で食事中、突然、左手に力が入らなくなったそうです
お嬢さんが異変に気づき、救急車を呼んだそうです

 
虎の門病院 神経内科
医学博士 前田明子先生より

「意識はもうクリアで、お話もしっかりできました」と
病院に着く頃には、症状が治まっていたそうです

「梗塞にならずに、一歩手前で病院に来てもらったのは非常に良かった
すごいラッキーです」と、前田先生

 
TIA(一過性脳虚血発作)の症状
感覚障害:半身がしびれ、感覚が鈍くなる
視覚障害:物が二重に見えたり、片目が見えない
バランス感覚の障害:突然のめまいに襲われ、バランスがとれなくなる
運動障害:半身に力が入らず、食事中に箸を落とす
言語障害:舌がもつれ言葉が出なくなり、意味不明な言葉を発する

このような症状を突然発症し、そして、しばらくすると消えてしまうのが特徴

 
小澤さんのお嬢さんは元CAで、TIAの知識があったそうです
そのため、脳梗塞を未然に防ぐことができた、と…!

「本当に感謝してます」と、小澤さん

小澤さんは脳梗塞が発症する前に発見できたため、
「頸動脈にできた血栓を取り除く」
という、軽度な手術だけで済み、今では後遺症もなく元気に暮らしているそうです

「早く見つけてもらうこと
それには検診が大事だなって、つくづく感じます
いつも妻に言うんですよ」と、小澤さん

脳梗塞を未然に防ぐポイント(1)
8分間の身体の異変を見逃すな!

 
スタジオの三宅裕司さんが…
「分かりました、息子はCAと結婚させます」と ^_^;

「脳神経外科の先生と結婚されたらどうですか?」と、渡辺満里奈さん
「私達が知識を身に付けましょうよ!」と、英玲奈さん ^m^

 
ドクネットより
虎の門病院 脳神経血管内治療科 部長
医学博士 松丸祐司先生

脳梗塞は…
「脳の血管が詰まって血流が遮断されて、最終的には脳の神経細胞が死んでしまう病気」

血栓という血の塊が脳の血管を塞いで起こる病気…
血栓の多くは脳ではなく、頸動脈(首)や心臓でできている、そうです

「頸動脈や心臓に血栓ができて、なぜ脳梗塞になるか、というと、首や心臓から血栓が飛んでいって、脳の血管を詰めてしまうんです」と、松丸先生

首や心臓から大きな血栓が飛んだ場合は、脳の血管が詰まり、脳梗塞を発症
しかし、小さい血栓が飛んだ場合は、一時的に脳の血管が詰まるが、血栓がすぐに溶けて元に戻ってしまう、と…!
この時の、一時的な症状が「TIA」

 
【脳梗塞から命を救う「3時間」とは???】

「8分」の先にある、「3時間」のナゾ…

治療法は…

「t-PAという薬を点滴静注(静脈注射)する
これを身体に入れると、詰まった血栓を溶かして、詰まった血管を再開通させることができる」
と、松丸先生

脳梗塞の治療に使われる「t-PA」
しかし、使用時の問題点が…???

「誰にでも、どんな状況でも使えるわけではありません
脳梗塞が起きてから、3時間以内でないと効果が十分ではない、ということが分かっていて、現在日本では、発症してから3時間以内の方にのみ、使用されています」
と、松丸先生

 
t-PAによって命を救われたという、木崎さん(63歳)のお宅へ

2011年11月
頭がボーっとして、ろれつが回らなくなったそうです
一過性で、1分もしないうちに治まったそうです

娘さんに、
「東京に帰ったら病院に行きなさいね」
と言われていたそうですが、すっかり忘れてしまった、と…

前兆症状の「TIA」を見逃していた!

1か月後…、娘さんが東京に戻り、家族で食事をしていた時…
頭が急にボーっとしてきて、体調のせいかな、と思ってやり過ごしていたそうです

PM 6:15 頭がボーっとし始める
PM 6:17 ろれつが回らなくなる

ご主人が「タクシーで帰ろう」と言ったそうですが
どうしても何かおかしい、と娘さんが救急車を呼んだそうです

PM 6:20 右の手足に力が入らなくなる
PM 6:25 救急車を呼ぶ
PM 7:00 病院に到着

木崎さんは頭がボーっとし、会話もできず、右半身は全てがしびれていたそうです

この時、治療にあたったのは
虎の門病院 前田明子先生

「明らかにこれは脳梗塞
いわゆる脳卒中という状況だなってすぐ見て分かった」
そうです

PM 8:00 MRI検査で脳梗塞と判明
PM 8:15 t-PAを投与
無事、脳の血栓を溶かすことができたそうです

「3時間以内に、それも早い段階で治療ができたのはとても良かった」
と、前田先生

木崎さんは「t-PA」の治療が効き、わずか10日間で退院することができ、
後遺症はリハビリの成果もあり、ほとんど無いそうです!

 
〈発症から3時間以内に使える「t-PA」の効果とは???〉

実際の映像より

発症から5分後、この時点で患者さんは身体を支えることができない
その後、「t-PA」投与開始
2時間後:手足が少し動くようになる
9時間後:自力で立って歩けるように!

「t-PA」
血栓を溶かす作用があり、脳の血流回復が期待できる
そして、発症から投与開始が早ければ早いほど、後遺症が少ない
しかし、発症から3時間を超えると、梗塞部やその周辺のもろくなった血管から出血の危険があるため、「t-PA」を使うことができない…

脳梗塞から命を守るポイント(2)
発症から「3時間以内」に病院へ!

 
「t-PA治療」
日本では約5年前から採用
それまでは、脳梗塞に有効な治療法が無かったそうです

 
脳梗塞 救命のポイント
早く病院に行き、血管の詰まっている部分を再開通させる
※検査時間は各病院によって違うので、3時間よりも早く病院に行く事を心がける

 
t-PA治療の注意点
脳梗塞と非常に似てる病気「脳出血」
ほとんど症状が同じ、と…
脳出血の人に「t-PA」を投与すると出血が増え、危険な状態になる
脳出血以外にも…
血管の弱い人や高血圧の人にも使用することができないそうです

 
脳梗塞から命を救うチェック法
《FAST(ファスト)》

F:フェイス
笑った顔の片側が引きつっていないかを確認

A:アーム
両方の腕がきちんと上がっているかを確認
脳梗塞の場合は、どちらかが下がる

S:スピーチ
「今日は天気が良い」「生き字引」などと言ってもらい、ろれつが回っているかを確認

T:タイム 通報時間を遅らせない
フェイス・アーム・スピーチ
どれかに異常があれば、すぐ119番に電話か専門病院へ!

 
ドクネット脳神経外科127人アンケート
「脳梗塞を発見するキッカケとなった診察時の状況は???」

「目が見えにくい」と言って眼科を受診したが脳梗塞だった 50代・脳神経外科
朝、起きたら急に会話ができなくなり来院。MRI検査で脳梗塞と判明 40代・脳神経外科
下半身の麻痺がひどくなり、歩行困難に。調べたら脳梗塞だった 50代・脳神経外科

 
脳梗塞は非常に怖い病気だけど、
ほとんどの場合、予防できる病気でもある、と!

《脳梗塞予防》
禁煙する・バランスの良い食事・適度な運動・ストレスのない生活

 
「今日、“健康カプセル!ゲンキの時間” 観て良かった」って、三宅さん…^_^;

 
〔今回の健康カプセルの成分〕
8分と 3時間で NOこうそく

 
ストレスは、しょうがない、として…
ウォーキングをしてるし、食事も多分いいと思うし、タバコはもう吸ってない

心配なのは…
家族、だね~
タバコは吸ってるし、運動不足…
一応、禁煙しようと、色々とやってたみたいだけど、失敗に終わってる…

あまりうるさく言うと、ストレスになるから言えないし…
どうしましょう~???

スポンサードリンク
レクタングル大
レクタングル大
おすすめ記事
こちらの記事もいかがですか?

フォローする