アルツハイマー病の “予防法”!

スポンサードリンク

9/26(水) 「ためしてガッテン」より

アルツハイマー型認知症は…
予防できる???
回復できる???

アルツハイマー病新予防

スポンサードリンク

 
アルツハイマー病の原因は…
「脳の中に “アミロイドβ” と呼ばれるタンパク質がたまること」
と言われているそうです

 
~アルツハイマー病の予防法~

『食習慣を気をつけること』

アルツハイマー病を呼ぶ黒幕がいて、その黒幕を増やさないように、食習慣に気をつけることが大事、と!

 
アルツハイマー病を呼ぶ黒幕の正体は…
「インスリン」!?

インスリンは、血液中の糖を細胞に取り込むホルモン
それが…???

食事をして “食べ過ぎる” と、高血糖の状態に…!
大量の血糖を片付けるため、大量のインスリンが分泌される

インスリンが多すぎるのも危険!
糖を片付けすぎて低血糖になってしまうと、命の危険と背中合わせに!!

この時、“インスリン分解酵素” がインスリンを分解して片付ける!?

〈インスリン分解酵素〉
普段、脳にある “アミロイドβ” を切って片付けている…
でも、大量のインスリンが分泌された場合、
インスリンを分解して片付けるので、アミロイドβまで手が回らなくなる…

 
インスリンが増えるのは…
内臓脂肪が多い:インスリンの効きを悪くする物質が出て、それが原因でインスリンが増える
運動不足・筋肉減少:血糖が使われずに残り、インスリンが増える
炭水化物の重ね食い:たまに食べ過ぎる程度は大丈夫だが、高血糖が長く続く食習慣が問題!

◯2型糖尿病にならない食生活
◯炭水化物だけでなく、脂肪などを肥満になるまで食べるのは控える
が大事!

アミロイドβがたまり始める時期と、中年太りの時期は重なる
肥満・糖尿病予備軍の方は要注意!

肥満や糖尿病になる食習慣を避けてアルツハイマー病予防!

 
~軽度認知障害でも予防可能!!~

大分県宇佐市安心院町での
大注目のアルツハイマー病予防

「料理」「昼寝」「運動」

ごくごく、普通のもの…???

対策(1)料理
手順や献立を自分たちで決め、それが脳を活性化

対策(2)昼寝
30分以内の短い昼寝は、アルツハイマー病予防に効果あり!

対策(3)運動
有酸素運動は脳を活性化させ、アルツハイマー病予防に効果あり!
しりとりなど、同時に頭を使うと、さらに脳が活性化!!

 

ジョギング程度の軽い運動をすると、肝臓で「IGF-1」という、脳の神経細胞を成長させる物質ができる
そして、アルツハイマーで、主に障害を受ける部分は…
記憶などを司る「海馬」
この海馬が軽い運動で活性化し、ここにIGF-1がピンポイントで働く、と!

 
軽度認知障害でも、認知症予防は可能!

 
炭水化物の重ね食い…
気をつけなくちゃ…!!

スポンサードリンク
レクタングル大
レクタングル大
おすすめ記事
こちらの記事もいかがですか?

フォローする