意外と怖い “歯周病” 「予防法」と「歯茎を鍛えるトレーニング」

スポンサードリンク

10/21(日) 「健康カプセル!ゲンキの時間」より

今日のゲンキリサーチャーは、レッド吉田さん

テーマは「歯周病」

~臭うほどに要注意!~

意外と怖い “歯周病” の真実

『歯周病撃退法』

『歯茎を鍛えるトレーニング「ハグキントレ」』

を教わります!
《40歳以上の80%は歯周病!》



【歯周病って命にも関わるの???】

東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 歯周病学分野 教授

歯学博士 秋月達也 先生のもとへ

歯周病とは???

「歯周病にかかると、歯周病菌が出す毒素に反応した免疫細胞が歯周病菌だけでなく、歯茎の細胞も攻撃してしまい炎症が発生

さらに進行すると歯を支える骨を溶かし、最終的に歯が抜けてしまう病気」

「心筋梗塞であるとか動脈硬化、糖尿病が悪化したり、とか

妊婦さんの場合は早産・低体重児出産といった、全身への影響がある、と言われている」

と、秋月先生

〈歯周病の全身への影響〉

炎症を起こすことで毛細血管が拡張し、底から毒素が侵入

歯周病菌が入り込みやすくなり、血液にのって体全体に悪影響を及ぼす恐れがある、と

レッド吉田さんが歯周病菌チェックをしてみることに!

〈ペリオチェック〉

採取したプラークを薬品に浸し、色の変化で主要な歯周病菌の量を検査

薬品の色が濃いほど、歯周病菌が多い、という結果に!

レッド吉田さんの薬品の色は「青」

歯周病の原因の細菌がいる、という結果に…!

歯周病が進行しているかどうかは、“口臭”  の強さで判断でき、早期の治療につながる!

東京医科歯科大学歯学部附属病院 息さわやか外来 外来医長

歯学博士 植野正之 先生のもとへ

〈息さわやか外来〉は、口臭の原因を調べ、その治療や予防処置を行う

診察の第一歩は…、先生に息を吹きかけて口臭をチェック!

機械を使った検査は

気体に含まれるニオイ成分を精密に分析する装置「ガスクロマトグラフィー」で

レッド吉田さんも受けてみると…

基準値内、ということで、口臭問題なし!

ちなみに…

歯周病のニオイは、歯周病菌が作り出す発揮性硫黄化合物が成分

“血なまぐさいニオイ” が特徴、だそうです

ドクネットより

東京医科歯科大学 大学歯学総合研究科 歯周病学分野 教授

歯学博士 和泉雄一 先生

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、「菌」はいないそうです

親から口移しで食べたものをもらったり…

そうすると、歯周病菌が口の中に入ってきてしまう、と

ちなみに…

歯周病菌はペットにも人間にもいる

どちらも感染源になるので注意!

〈胃からのニオイ〉

胃は普段閉じているため、通常の呼気からは出てこない

〈内臓疾患による口臭〉

ニオイのもととなる毒素が血管を通って肺に行き、それが吐く息に出る

一般歯科での歯周病検査は…

歯と歯茎の間の溝を測り、深さ4mm以上あると、“歯周病” と診断

歯周病チェック

(1)歯磨きをすると歯茎から血が出る

(2)喫煙歴がある

(3)血縁者に歯周病の人がいる

(4)10年以上歯医者に行っていない

(5)50歳以上である

1個でも当てはまる人は、“歯周病” の可能性があるそうです…!

【歯周病を予防するものとは???】

鶴見大学歯学部附属病院 アンチエイジング外来主任

歯学博士 梁 洪淵 先生のもとへ

「今でも口の中では、歯周病菌と “唾液” が闘っています」と、梁先生

唾液の成分が持つ抗菌作用には、細菌の繁殖を防ぐ効果があるそうです

さらに…

唾液の分泌量が多ければ、ニオイの原因物質を包み込み、口臭になるのを防ぐ、と

唾液は、ただ出ればいい、というものではなく、“唾液年齢” というものが必要!

〈唾液年齢〉

唾液量や口内に存在する菌の繁殖数から唾液の状態を相当する年齢に当てはめた指数

女性は更年期以降に唾液量が減少する傾向がある

そこで!

唾液年齢を若く保つ方法を教えてもらうことに!!

唾液年齢が若返る方法:よく噛むこと

代表的なものは “食物繊維”

根菜類などかたい野菜を食べることで唾液を出すことになる

そして、その素材で、ある程度口の中をキレイにしてくれる!

唾液量増加が予防の決め手!

とっておきの方法を和泉先生が教えてくれました!!

唾液たっぷり!おサルさん体操

口を閉じて舌をサルの真似をするように歯と唇の間に入れ、4~5回まわす

歯周病で弱った歯茎をよみがえらせる方法

歯茎を鍛えるトレーニング「ハグキントレ」

(1)歯と歯茎の境目を磨く

(2)歯2本分を目安に細かく磨く

(3)磨くスタートとゴールを一緒にし、磨き残しをなくす

(4)健康な歯茎はピンク色

「寝る前には必ず歯ブラシで歯の汚れをとってください」と、和泉先生

今回の健康カプセルの成分

「歯周病 終始気にして ハグキントレ」

歯と歯茎の境目!

“歯” ばかり磨いてたかも…

気をつけなくちゃ!!

スポンサードリンク
レクタングル大
レクタングル大
おすすめ記事
こちらの記事もいかがですか?

フォローする