世界一受けたい授業より、“ハーブ” で健康な体を作る方法!

スポンサードリンク

12/15(土) 「世界一受けたい授業」より

海外では「薬」としても使われている
スーパーで買える “ハーブ” で健康な体を作る方法!

教えてくれたのは
ハーブ研究の権威
金沢大学大学院 鈴木信孝 先生

スポンサードリンク

 
冷え症、風邪、花粉症による鼻づまり…
このような体の悩みにオススメなのが
「ハーブ」

 
脳とニオイの関係を調べる実験で…
ラベンダーの香りを嗅いだ人の多くにα波の増加が確認され、
リラクゼーション効果があることが証明されているそうです~!

 
「健康な体作りをサポートするハーブを
日本人はもっと取り入れるべき!」
と、ハーブ研究の権威
金沢大学大学院 鈴木信孝先生

 
〈カモミール〉
“大地のりんご” と呼ばれていて、甘いリンゴのような香りが特徴のハーブ

ヨーロッパでは寝る前に、“カモミールティー” を飲むと安眠できる、ということで人気があるそうです
寝付きの悪い子供の場合、カモミールティーを牛乳で割った “カモミールミルクティー” を飲ませる習慣があるそうです

 
海外では、病気の予防・治療の目的で使われる
“メディカルハーブ” “医学のハーブ” と呼んでいる、と

例えば…

ドイツでは…
風邪のひき始めに「リンデンフラワー」

 
風邪の予防などには「パセリ」
ビタミンAは免疫力を作るのに大切な栄養素
苦味が苦手な人には、「イタリアンパセリ」
サラダに入れたりすると、食べやすくなるそうです

 
のどが痛い時や咳が止まらない時、胃腸の調子が悪い時は
「マロウブルー」

青い色をしたマロウブルー
ちなみに、レモンの酸が加わると…
ピンク色に変わります~!!
この現象から、“サプライズティー” と言われているそうです

 
ドイツで喉の調子が悪い時には「セージ」
肉料理に使われることが多い
ウイルス等に対する殺菌力をもつ “タンニン” が含まれているので、のどの痛みや口内炎などを和らげるセージティーでうがいをするそうです

 
 
ここで…
ゲストの皆さんの、体の悩みにあったおすすめのハーブを紹介~!

 
ハーブ診断

 
すぐイライラする:ガレッジセール ゴリさん
「レモンバーム」
ヨーロッパではよく使われていて、古くから “長寿のハーブ” と呼ばれているそうです
イライラした気分、興奮した気持ちを落ち着かせてくれる成分で、“シトラール” というものが含まれている、と

※沸騰したてのお湯ではなく、ちょっと冷ました状態で入れると、いいハーブティーができるそうです

 
 
脂肪が気になる:竹内 力さん
「フェンネル」
フェンネルの葉っぱは、脂肪が気になる方に非常にイイそうです
ちなみに、沖縄では…
“いーちょーばー” と言うそうです
漢字で書くと、「胃腸葉」
腸の運動を助け、そして、新陳代謝を高める、という働きがある、とも言われているそうです~!
スタジオでは、天ぷらにして食べてました~!

ちなみに…
“フェンネル” という名前自体には、“痩せる” という意味が含まれている、という説があるそうです

栄養素が詰まっているフェンネルの種
お茶として飲むのがイイそうです

フェンネルの種(小さじ1杯)にお湯をかけて蒸らす

インドではレストランで…
食後にバリバリっと、口臭予防に食べる…???

 
 
物忘れが多い、集中力が足りない時
「ローズマリー」

魚や肉料理の “ニオイ消し” でも使われ、
『記憶のハーブ』とも呼ばれているそうです

 
海外で大人気のハーブ
「ジンジャー(ショウガ)」

“体を温める” というのは、非常に有名
アメリカでは、乗り物酔いを防ぐ時に利用されているそうです

 
 
鈴木先生が注目しているハーブは…
「バレリアン」

不眠症の治療薬としても利用されているそうです

ただ、ニオイは… ^_^;

ハーブと言ってもいい香りのものばかりではない…
そういう独特な香りのものは、カモミールとか、色々なものを混ぜるとすごく飲みやすいものに変身するそうです

 
 
花粉症で鼻づまり:山村紅葉さん
「ペパーミント」
“ミントポリフェノール” というものが含まれていて、その成分が鼻づまりを和らげる、というふうに言われているそうです
鼻粘膜のむくみが抑えられたという報告も…!

花粉の量がひどくなる前から、少しずつ飲み始めるのがコツかも、と、鈴木先生

ペパーミント緑茶
緑茶にペパーミントの粉を約2gほど混ぜる

ニオイを嗅ぐと、かなり “スースー” するそうです

 
 
疲れ気味:福田 萌さん
「ハイビスカス」

“クエン酸” というものが非常に多く、疲れを回復する、と言われている、と
※観賞用ではなく、食用のハイビスカス

酸っぱくて飲みづらい時には…
オレンジジュースを混ぜると、飲みやすくなるそうです
ちなみに、成分は…
混ぜてもあまり変化しない、というふうに言われているそうです

 
 
「冬はハーブを自分で体感できる絶好のチャンスの季節
自分の体質にあったハーブを見つけて、楽しみながら飲み続けることで体調管理を行うことが大事だと思います」
と、鈴木信孝 先生

 
 
ちょっと…
ハーブも見直しちゃうかも~!

パセリとフェンデル、ローズマリー
これ、買ってこなくちゃ~! ^m^
 

スポンサードリンク
レクタングル大
レクタングル大
おすすめ記事
こちらの記事もいかがですか?

フォローする