腰痛の真犯人!? 『トリガーポイント』

スポンサードリンク

12/16(日) 「健康カプセル!ゲンキの時間」より
今回のゲンキリサーチャーは、Wエンジンのえとうさん

 
人類の永遠のテーマ「腰痛」…

いくつかの方法をやれば、腰痛を軽くすることはできる…!?

そこで…!

 
腰痛の真犯人??? “トリガーポイント”
~激痛地獄から脱出せよ!~

『腰痛を改善する “トリガーポイント” とは???』
『腰痛を克服する秘策』
を教わりますっ!

スポンサードリンク

 
【トリガーポイントって一体 何???】

 
東京都新宿区
慶應義塾大学病院 医学部 整形外科 准教授
医学博士 松本守雄 先生のもとへ

 
人体を支える背骨は…
頚椎、胸椎、腰椎など、大きく3つの部位で構成

〈腰椎〉
5つの椎骨とクッションの役割をする椎間板で構成される部分
重い頭や背骨を支える重要な部分であり、まさに、身体の要!

 
腰痛になる人が多いのは…
腰を曲げたり、悪い姿勢を続けていると、腰を支える筋肉や椎間板に負担がかかり、炎症が起きて腰痛になる、と

例えば…
20kgの荷物を持つと、約300~400kgの負荷が腰にかかる…!

酷使しがちな部分だけに、痛みの原因も様々…!

 
腰痛を引き起こす原因
(1)筋肉の炎症:無理な姿勢や急激な動作で起こる、筋肉系の腰痛
(2)腰椎椎間板ヘルニア:椎間板の一部が突出し、神経を刺激
(3)圧迫骨折:外からの強い圧迫によって、椎骨が骨折

 
そして問題なのは…
3ヶ月以上、腰の痛みがおさまらない
“慢性的な腰痛”
と、診断された場合

検査をしても明らかな異常が見られないことが多く、
約8割が原因不明…!

結果、具体的な解決策が見つからず、
治療をしないまま、腰痛とともに生活…???

 
が、実はそうではない…???

「分からないなりに、色々な治療法や腰痛を和らげる方法があります」
と、松本先生

 
腰痛持ちのゲンキチャレンジャーの方と一緒に、松本先生の診察を受けてみることに!

 
腰痛歴10年
主に立ち仕事をしている、という竹内さん
痛みがあるのは、「お尻の上のあたり」

だけど、松本先生が触っていたのは…
『背中』!

押して痛くて、クリクリとしこりが触れる
それが
《トリガーポイント》
腰痛を引き起こす、意外なポイント!

腰痛である所とは別の場所にできるのも特徴の一つ、だそうです

 
そもそも…

腰に負担をかけ続けたり、心身の緊張が続くと自律神経の交感神経が優位になり、血管が収縮
血流が悪くなってしまう…

すると…

腰周辺の筋肉が硬直して、その中に痛み物質が発生し、腰痛となる…!

 
そして問題は、その筋肉が痛み続けた場合!

痛みをかばうが故に、
腰ではない、別の場所に負荷がかかり、筋繊維が縮んでしまうことがある
そうしてできる、押すと痛みのあるしこりこそが、トリガーポイント…!

トリガーポイントができてしまうと…

そこから痛みが出続けるため…
たとえ、元々の腰痛が治っても、トリガーポイントが新たな痛みを発生させてしまう、と…!

 
痛みとトリガーポイントが離れているのは…

「立ったり腰をひねったりする仕事をしていると、背中のところに負担がかかって炎症を起こしてトリガーポイントができる」
と、松本先生

 
様々な場所にできる “トリガーポイント”

 
腰椎椎間板ヘルニア経験者の木所さんの場合は…
「右の腰辺り」

トリガーポイントができる原因はいくつかあって、
一つは、筋肉が緊張したり、疲れたりしたことでできる
もう一つは、神経が原因でできることもある
そうです

 
〈トリガーポイントと神経〉
腰には様々な神経が集まっている
ヘルニアによる痛みの刺激が、腰回りの神経を通って別の場所に移り、できる事もある

 
ちなみに…
Wエンジンのえとうさんのトリガーポイントは…
「お尻」

腰が痛くて、お尻が痛くなる人もいるそうです!

 
《トリガーポイントの撃退法》
マッサージが効果的!
指や拳で円を描くように動かしながら、トリガーポイントをほぐす

※毎日マッサージをすること
1回やって良くなる、というわけではないので、習慣にするとイイそうです

 

スポンサードリンク
レクタングル大
レクタングル大
おすすめ記事
こちらの記事もいかがですか?

フォローする