肩こりが日本一少ない県「山形県」に学ぶ、肩こり改善法!

スポンサードリンク

12/18(火) 「たけしの健康エンターテイメント みんなの家庭の医学」より

『あなたの県は第何位???
大発見!全国都道府県別
健康長寿のヒミツ』

~肩こり~

スポンサードリンク

 
筋肉の老化・予防研究の第一人者
東京都健康長寿医療センター研究所 金 憲経 先生より

「肩こりの主な原因は、“運動不足”
運動不足によって、肩の筋肉はこわばりによって、血行が悪くなる

山形県の方が全国で一番少ない、ということになると、日常生活の中で色々と体を使う、運動不足にならない生活要因があるのではないか、と思います」と

 
肩こりは、“肩甲挙筋” と “僧帽筋”
2つの筋肉の血行悪化
筋肉が硬くなり、肩こりを感じる

 
金先生は…

「肩を動かす運動はもちろん、ウォーキングなど、下半身の筋肉を使うことでも、全身の血流量がアップ、肩の血行が良くなる」と!

 
そんな山形県民の方たちを調査してみると…

山形県民に肩こりが少ない理由
(1)運動・仕事で血行を良くする
(2)温泉で体を温める
(3)夫婦・家族仲良く暮らす(ストレスフリー)

 
肩こりを予防するには…

特にこれからの季節は、身体を温かく保つことが大切!
そして、より大切なのは…
肩周りの筋肉を動かすことが最も大切!!

 
そこで…!

“花笠音頭” と “両腕を使った仕事”
からヒントを得て…
金先生が、
カンタンに肩こりを改善できるエクササイズを教えてくれることに!

 
「山形県民に学ぶ肩こり改善法!
家庭でできる、新聞紙体操」

※肩に痛みのある方は、無理に行わないこと

用意するもの:新聞紙1枚(縦に丸めて、両端を持つ)

(1)両端を持って、背中に通す
(2)そのまま左側に倒す
(3)逆の方向に倒す
(4)頭を少し前に曲げ、真上に伸ばす
(5)もう1度伸ばす

※3回で1セット
その際、スピードの強弱をつければ、より効果的!

これを続けることで、僧帽筋と肩甲挙筋が柔らかくなり、肩こりが改善する、と!

 
最近、ちょっと運動不足気味で、肩が張ってきてたところ…!
ホントにカンタンな肩の動き
やっぱり動かすと、キモチイイ~♪♪
 

スポンサードリンク
レクタングル大
レクタングル大
おすすめ記事
こちらの記事もいかがですか?

フォローする