胃と肝臓を若々しく保つ方法! ~胃のアンチエイジング~

スポンサードリンク

12/23(日) 「健康カプセル!ゲンキの時間」は
胃と肝臓を若々しく保つ1時間スペシャル!

ゲストは、大地真央さんと薬丸裕英さん

 
内臓アンチエイジング
~胃&肝臓一斉メンテナンスSP!~

『実年齢と “胃年齢” は同じじゃない???』
『ロースカツ vs ヒレカツ 胃に負担をかけないのはどっち???』
を教わります!

スポンサードリンク

 
~胃の老化を回避せよ!~

 
最近感じる身体の衰え
(1)肉を身体が受け付けなくなった
(2)めっきりお酒が弱くなった
(3)たくさん食べた翌日、食べ疲れする
(4)とにかく疲れやすい
(5)いつも胃がもたれた感じがする
(6)足がむくんだり、つりやすい

(1)・(3)・(4)・(5)に当てはまる人は…
胃の老化が始まっているかも…???

 
【胃の老化とは…???】

 
ゲンキリサーチャー 麒麟 川島さんが

東京都新宿区
東京医科大学病院 内視鏡センター 教授
医学博士 河合 隆 先生のもとへ

“胃の働き” といえば、「消化」

その消化にかかわる重要な機能が「ぜん動運動」
胃に食べ物が入ってくるとぜん動運動が始まり、食べ物と消化液を混ぜ合わせ、少しずつ細かくする動き

ぜん動運動の強さは、血圧計で再現してみると…
「100mmHg前後」

高い人はもっといっちゃうそうです!
一生懸命、消化しなきゃいけない時は強まる、と…!

「ぜん動運動」は、腕を “ギュッ” と、握ったくらいの強さ

それが何回も、ずーっと起こる…!

 
 
〈胃はどれくらいの時間で消化している???〉

 
横浜市立大学附属病院 消化器内科
医学博士 稲森正彦 先生のもとへ

お肉だと、だいたい3~4時間くらいで消化
人の胃袋というのは、結構、働いている、と…!

食べ物を消化し、十二指腸へ送り出すまで、胃は休まずに動き続けている…!
食後に眠くなるのも、胃の働きを助けるために、全身の血流が集中するからだ、と言われているそうです

 
 
〈年をとったら胃はどうなる…???〉

 
年齢の違いで胃の働きは違うのか???

お肉を受け付けなくなったお母さん(47歳)
お肉大好きな娘さん(18歳)に協力してもらうことに!

バリウム検査の結果

お母さんの胃は…
「瀑状胃(ばくじょうい)」
入口の部分が “おじぎ” をしたような形
食べたものが一度、上の部分に滞るため、消化に少し時間がかかることもあるそうです

でも…
胃の運動自体は、非常に活発に動いている、と!

娘さんの胃は…
「胃下垂」
胃の位置が通常より下がっている状態
腹筋が少ない、若い女性や細身の女性に多く見られるそうです

結果、胃の動きは…
2人とも「若い」という結果に!

 
胃の動きは、年齢の変化よりも “ストレス” や “食生活” などに影響される…!

 
 
〈胃の内側の老化とは…???〉

再び、河合先生のもとへ

胃の内側を内視鏡で見てみることに!

お母さんと娘さんの胃の内側の内視鏡の画像を見てみると…
“見た目” では分からないくらい、2人の胃には、年齢差がない、と!

「実際に胃の年齢というのは、実年齢とあまり一致してない
70歳を越えた人でも、内視鏡で見ると胃の中は20歳くらいのキレイな人もいる
だから、本人も元気です」
と、河合先生

では…
お肉を受けつけなくなったのは…???

「胃液の量」
お母さんの胃液の量が娘さんより少し少なかったそうです

胃液は、胃壁から出ている酸性の消化液で、ぜん動運動と協力して、食べ物を消化
しかし…
分泌される胃液の量は、加齢とともに減少…!

それでも…
ぜん動運動が消化をカバーするが、時間がかかってしまう、と…!

 
「それだけ働かなきゃいけないので、やっぱり疲れる
胃が疲れ、身体の疲れにつながる人もいる」と

 
“胃” そのものは若かったお母さん
胃を一気に老化させる、ある原因とは…???

それは…
「ピロリ菌」

強酸の胃の中でも生息できる菌で、日本人の3人に1人が保有していると言われ、
“胃潰瘍” や “胃がん” の原因…!

「ピロリ菌の感染は “5歳” まで
長い間感染し続けて、炎症を引き起こす
胃の細胞が破壊されてしまう
胃液を出す細胞が少なくなったり、胃の壁も薄くなる」
と、河合先生

ちなみに…
1回調べれば、陰性の人は何回も調べなくてイイそうです

 
胃が老化をしないように、健康を保つには…

《胃のアンチエイジング》
運動をして代謝を上げ続ける!

 
お肉は…

「肉を全然食べないのは良くない
工夫して食べていただきたい」
と、河合先生

 
ちなみに…

“ロースカツ” と “ヒレカツ”
早く消化されるのは…???

答え:ロースカツ

ただし…
ロースカツ:443kcal
ヒレカツ:285kcal
(可食部100g中)

ヒレは油を吸収
ロースは油が出る分、消化液が入りやすい、と

 
ただし、これはあくまでも “実験”

「たくさん噛んで、砕いて、唾液が入れば、全然条件が違う」
と、河合先生
 

スポンサードリンク
レクタングル大
レクタングル大
おすすめ記事
こちらの記事もいかがですか?

フォローする