『骨とビタミンの関係』 ~骨に大切なビタミンD~

スポンサードリンク

3/31(日) 「健康カプセル!ゲンキの時間」より

ゲンキな毎日を送るために必要な 「ビタミン」

でも…
正しく摂らないと、“ビタミン不足” に…???

そこで!

 
~あなたのお悩みを解消!~
快適!ビタミン処方箋!!

 
-骨粗しょう症予防に必要なビタミン-

スポンサードリンク

 
【骨に良いビタミンとは???】

 
ゲンキチャレンジャーのお悩み
骨密度が低下し、骨粗しょう症が不安
6年前から、脊柱管狭窄症に悩む…

〈脊柱管狭窄症〉
椎間板や骨の変形などによって神経が圧迫され、足にしびれが発生

 
「脊柱管狭窄症という病気は、神経の血流の問題
神経の修復に、“ビタミンB12” が重要な役割を担っています

“ビタミンE” は血流を良くする、抹消の循環を良くする、と言われているように、
ビタミンEなども栄養素としては重要」
と、稲毛病院 健康支援科 部長 ビタミン外来
佐藤 務 先生

 
“ビタミンB12” を多く含む食材
イワシ・レバー(牛・鶏)・アサリなど
1日の摂取の目安:アサリ 約3個

“ビタミンE” を多く含む食材
アーモンド・落花生・たらこ・カボチャ・アボカド・ほうれん草など
1日の摂取の目安:たらこ 約1腹半

 
骨自体に必要な栄養素は…???

「骨というと、カルシウムにだけ注目しますけども…
タンパク質も骨の材料ですし、コラーゲンでできている
特にビタミンが欠乏したり、ミネラルが欠乏したりすると、骨が弱くなる
というのは、カルシウムだけでは全然ないんです」
と、佐藤先生

 
〈骨を形成する主なミネラル〉
カルシウム・マグネシウム・リン・マンガン

骨の成分の約60%がミネラル(約30%がコラーゲン)
カルシウム以外にも、必要な物がいくつもある

さらに重要なのが…
 
「特に、カルシウムの吸収に関わるビタミンDが重要」
と、佐藤先生

 
ビタミンDは…
小腸の中でカルシウムの吸収を促進する、骨には重要な栄養素
そして、食べ物以外から作ることが出来る、唯一のビタミン!
“日光に当たる” ことで、皮下の “コレステロールがビタミンDに変化” !

 
食べ物と日光浴
どちらがビタミンDを増やす…???

ビタミンDを多く含む食材
きくらげ・鮭・干し椎茸・生シイタケ・にしんなど
1日の摂取の目安:鮭 約1/5切れ

 
東京都港区
東京慈恵会医科大学 准教授 分子疫学研究室 室長
医学博士 浦島充佳 先生より

「身体の中のビタミンDは、だいたい8~9割は、日光に当たることによって皮膚の下でコレステロールから作られる
1日 1~2時間、注意して外を歩く機会を作っているだけで、十分なビタミンDが身体の中に蓄えられる」

 
気になる “紫外線” は…
夏場の強い時期は避けた方がいいが、通常の生活で浴びる程度であれば問題ないそうです

 
“カルシウムを摂る時は、ビタミンDと一緒に摂取した方が吸収率が高まる”
そんなビタミンDは…
他にも大事な働きが!

 
〈ビタミンD〉
免疫力を上げ、インフルエンザを予防する効果
インフルエンザウイルスが気道粘膜に感染することを防ぐ物質を分泌させる働きがある

さらに…

老人の転倒予防効果、パーキンソン病の進行を抑制する働き
など、様々な効果があるそうです!

 
 
ビタミンD…
シイタケに鮭、にしん…!
鮭はよく食べてたのに、最近、焼いてなかったなぁ~…

今日は天気が悪いから…
焼き鮭で補給しよう…!
 

スポンサードリンク
レクタングル大
レクタングル大
おすすめ記事
こちらの記事もいかがですか?

フォローする