『肌とビタミンの関係』 ~肌に大切なビタミンACE~

スポンサードリンク

3/31(日) 「健康カプセル!ゲンキの時間」より

 
~あなたのお悩みを解消!~
快適!ビタミン処方箋!!

 
元気な毎日を送るために必要な栄養素 「ビタミン」

 
ゲンキチャレンジャーのお悩みを…

稲毛病院 健康支援科 部長 ビタミン外来
佐藤 務 先生が解決!

スポンサードリンク

 
【お肌に必要なビタミンとは???】

お悩み
手入れはしていても、顔のシミや手荒れが悪化

 
〈硫黄〉
カツオ・さんま・アジ・イワシ・ブリ・卵などに多く含まれるミネラル
肌や爪、髪などの原料になり、不足すると肌荒れの原因に!

 
「魚や卵は摂っているけど、緑黄色野菜は少ない」 というゲンキチャレンジャー
となると…

 
「ビタミンの方の欠乏が考えられる
緑黄色野菜には様々なビタミン・ミネラルが入っているので、そこで栄養の欠乏が出やすい」
と、佐藤先生

 
緑黄色野菜に多く含まれる “ビタミンA” には、
粘膜や上皮を丈夫にする働きがある

そしてもう一つ、大切なのが、“ビタミンC”
肌に張りを与えるコラーゲンを作るのに必要

 
「ビタミンというと “野菜” というイメージが強いが…
野菜を食べるとビタミンが摂れる、というのは誤解

それぞれのビタミンの性質を知らないと、摂っていても不足することがある
ビタミンCに至っては、光にも熱にも、水にも弱い」
と、佐藤先生

 
ビタミンCは、調理法によっては減ってしまう…!
そこで!

 
東京都千代田区
大妻女子大学 第三食品学研究室 教授
農学博士 大森正司 先生のもとへ

 
今が旬のカブを入手し…
煮る・蒸す・焼く・炒める
それぞれ10分ずつ調理!

同じ量を細かく砕き、抽出液を作る
抽出液に薬品を加え、ビタミンCがどれだけ残っているかを測定してみる事に!

 
多くビタミンCが残っていたのは…
「炒める」

ビタミンCは水溶性で水に溶けてしまうが、
炒めると油でマスキングされ、溶け出なくなる、と!

 
〈水溶性のビタミン〉
ビタミンCとビタミンB群は、水溶性
尿や汗で排出されやすいため、朝・昼・晩と、こまめな摂取が大切

ビタミンCを多く含む食材
パプリカ・ブロッコリー・イチゴ・レモンなど
1日に摂取する目安:パプリカ 約1.5個 ブロッコリー 約1株

 
他にもお肌に大切なビタミンが…
“ビタミンA” と “ビタミンE”

ビタミンAを多く含む食材
レバー(牛・豚)・うなぎ・緑黄色野菜など
1日に摂取する目安:レバー 約1切れ ニンジン 約半分

ビタミンEを多く含む食材
アーモンド・落花生・たらこ・カボチャ・アボカド・ほうれん草など
1日に摂取する目安:たらこ 約1腹半

〈脂溶性のビタミン〉
ビタミンAとEは脂溶性
油を使って調理することで、吸収が良くなる

 
お肌のお悩みは…
“ビタミンACE(エース)” の摂取で解消!

〈ビタミンACE〉
ビタミンA・C・Eを一緒に摂ることで、抗酸化作用が強化される

〈ビタミンC〉
酸化しやすいため、新鮮なものを摂る事が重要

  
バランスの良い食事、として…

「和食を中心に
ご飯と大豆製品をまず骨格に、魚介類・海藻・根菜類を組み合わせる
そこに、肉・卵・乳製品を取り入れて食べる」
のがオススメだそうです

ちなみに…
「これを3度というわけではなく、2食以上を目標に和食を摂るとイイ」
と、佐藤先生

 
 
今回の健康カプセルの成分

ビタミンは 2食を和食で 完食だ

 
 
基本、和食がベースなんだけど…
魚介類と海藻が少ない…!
もっと増やさなきゃ~!!
 

スポンサードリンク
レクタングル大
レクタングル大
おすすめ記事
こちらの記事もいかがですか?

フォローする