お酒で食道がんの危険度が414倍のタイプの人とは…???

スポンサードリンク

4/10(水) 「ためしてガッテン」より

 
『緊急告知!
お酒でがんのリスクが414倍!?』

 
食道がんの危険度 77倍のタイプは
「お酒を飲んで顔が赤くなる人」

がっ…!

食道がんの危険度 414倍のタイプの人
「お酒を飲んでも顔色が変わらない」+「アルコールの分解が遺伝的に苦手な人」

“最初は赤くなったが、顔に出ない体質に変わった”
こういうことが起こりやすいそうです

 
【がんとお酒の新基準:顔が赤くならない人も要注意】

 
 
〈食道がんの早期発見の方法〉

ヨウ素液を使った検査
◯ 見逃しが少ない
◯ 保険が適用される

将来、食道がんになりそうかどうか、予測することもできるそうです

 
ただし…
病院によっては、他の検査を勧める場合もあるので、事前に相談を…!

 
食道がんは、自覚症状がないのが普通

だけど…

早期の食道がん
・胸がしみる感じ
・飲み込む時の違和感

といった形で発見されることもあるので、症状がある人は病院へ…!

 
食道がんに要注意
「中年以降で、酒とタバコが多い人」

なかでも…
・ビール1杯で顔が赤くなる人(77倍タイプ)
・最初は赤くなったが、その体質が消えた人(414倍タイプ)

 
「お酒は飲めば飲むほど強くなって、アルコール依存症を始めとして、全身の色んな合併症を起こすので
“飲み過ぎない” ことが大事」
と、久里浜医療センター 臨床研究部長 横山 顕さん

 
 
私…
どうだったっけ…???

まぁ…
飲み込む時の違和感なんかは無いし、そんなに量は飲まないから大丈夫だとは思うけど…

そろそろ “休肝日” も作らないと、だなっ… ^_^;
 

スポンサードリンク
レクタングル大
レクタングル大
おすすめ記事
こちらの記事もいかがですか?

フォローする