再生医療の最新情報 「iPS細胞」の可能性とは…???

スポンサードリンク

4/28(日) 「健康カプセル!ゲンキの時間」より

去年、山中教授が開発した “iPS細胞” とは…???

 
『~あなたの不可能が可能に!?~
おさえておきたい再生医療』

【iPS細胞ってどんな細胞???】

スポンサードリンク

 
東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 教授
博士(医学) 清水達也先生

iPS細胞とは…

「たくさんの細胞を持っていますけども、それを一度初期化して、もう一度 何にでもなる細胞に戻したのが “iPS細胞” です」

???
カンタンな例えにすると…

「すでに就職した大人が もう一度赤ちゃんに戻って、いろんな職業になれる」
ということ

 
人間は、古い細胞と新しい細胞が入れ替わる時、”皮膚なら皮膚” 、 “腸なら腸” など、同じ細胞にしかならない
失った臓器は入れ替わる細胞が無くなってしまうため、再生不可能に…!

そうなった場合、今までは “臓器移植“ などの治療法しかなかった…

 
そんな状況を打開すべく、研究が進められたのは…
“どんな臓器にもなる細胞の開発”

しかし、開発は困難…

 
そんな中、山中教授は、成長しきった細胞を初期化して、どんな細胞にもなる特殊な遺伝子
“ヤマナカファクター” を発見した、と!

そのヤマナカファクターを導入した細胞を
“人工多能性幹細胞(indused pluripotent stem cells)”
「iPS細胞」
と、名付けたそうです
 
“iPS” は、どんな臓器にも変身できる 『万能細胞』!

 
山中教授が開発した “iPS細胞”
「みんなに使ってもらう」という事になっているそうです

 
東京女子医科大学にあるiPS細胞は…
いろいろな薬をかけて、“心筋細胞に成長” させたそうです

iPS細胞から変身した心筋細胞
この細胞を、さらに “細胞シート” にすることもしているそうです

10枚、20枚と、シートを重ねていくことができれば、いずれ心臓といった厚い組織ができるのでは…
と、考えているそうです

 
iPS細胞が実用化されれば…
自分の細胞を培養した、拒絶反応の心配がない、様々な臓器が移植できるようになる、と!

 
 
今のところ、各パーツ、材料となる細胞ができる、という技術

iPS細胞から作った心筋のシート
「心臓に貼り付ける治療は、数年後にできるかもしれません」

「我々が目指しているのは、もっとたくさん重ねて、心臓の一部を取り替えられるぐらいのものを作りたい」

「当然、iPSの技術も細胞シートの技術も、肝臓や腎臓など、他の臓器にも使えますので、今まで治らなかった患者さんの病気を治せたり、寝たきりの患者さんを健康にする、といった事ができるのではないか、と思って頑張っています」
と、清水先生

 
 
今回の健康カプセルの成分

愛(i)もって ピ(P)ンチに打ち勝ち (医学界の)エース(S)となる

 
 
“iPS細胞”
ようやく分かったような気がした~ ^m^

これはもう、早く実用化されることを願いますっっ!
 

スポンサードリンク
レクタングル大
レクタングル大
おすすめ記事
こちらの記事もいかがですか?

フォローする