“様子は見ない!” 『FAST』で脳梗塞チェック!!

スポンサードリンク

5/22(水) 「ためしてガッテン」より

 
『脳梗塞でもう死なないぞ!
極めつき!スーパー発見術』

 
脳梗塞の特効薬
「t-PA」

ところが…
脳梗塞の患者の5%にしか使われていない…???

使える人と使えない人のキーワード
「時間制限」

t-PAの時間制限:4時間半以内

脳梗塞の発症から医師のところに行って、t-PAを投与されるまでの時間が4時間半…!

スポンサードリンク

 
ところが…

発症してから病院到着まで
平均 10時間

 
人間は…

「正常性バイアス」
周囲の危険を全て気にしていられない
→ 危険に対する感度を下げる仕組みが備わっている

“自分はいま、安全である”
という方向に行きたがる…

「もうちょっと様子を見てみよう」…
様子を見てるうちに時間が経ってしまった…!

 
 
イギリスで効果があった発見術
『FAST』

FACE:顔のマヒ
ARMS:腕のマヒ
SPEECH:ろれつが回らない
TIME:時間

「あなたの迅速な行動が、その人の人生を救うのです」

脳梗塞を発症した時、そばにいる可能性が高い “家族” や “友人” をターゲットに…!
その狙いがあたり、イギリスで t-PAの治療を受けられる患者の数は年々増加しているそうです

 
「正常性バイアス」
危険を外から見ている人にはかかりにくい

 
 
脳卒中:脳梗塞・脳出血・くも膜下出血

脳梗塞の8割から9割が『FAST』で発見できるそうです

 
FAST のポイント

F:顔のマヒ
顔の片側がゆがむ
“イー” と、笑顔を作れるか???

A:腕のマヒ
“目をつぶり、手のひらを上にし、両手を前に出す”
腕が下がっていかないか???
腕が内側に戻らないか???

S:ろれつが回らない
“らりるれろ” ・ “ぱぴぷぺぽ” が言えるか???
“短い文” を繰り返し言えるか???

T:発症時刻
1つでも症状が出ていれば、脳卒中の可能性大!
症状に気づいたら、発症時刻を確認してすぐに119番!
救急隊に伝える!!

 
『大切な人を守るのは、そばにいるあなた!』

 
 
ガッテン流
脳梗塞発見法

朝 起きたら…
目を閉じ、手のひらを上にして両手を前に出し

「今日は イイ~天気!
ココロも 晴れ晴れ」

 
 
ただ…
“t-PAは、誰にでも効く”
とはまだ言えない、と…!

制限時間内に来た患者の3割がt-PAを使用
軽い人は使う必要がない
重い人は使うと、むしろ危ない、と…

でも…
t-PAが使えなくても、再発や悪化を防ぐ薬があるので、一刻も早く病院へ!

 
※t-PA治療は、すべての病院で受けられるわけではありません

 
 
若い人でも脳梗塞に…!

 
原因:動脈解離

小脳梗塞に特徴的な症状
1)めまい
2)歩行障害
3)吐き気

動脈解離の7割ぐらいの人は、
『首から後頭部にかけて、急に激しい痛み』が出る

「“若いから脳卒中じゃない”
と思うのはよくない
若くても脳卒中になります」
と、国立循環器病研究センター 副院長 峰松先生

 
 
「FAST」
覚えておこう…!
 

スポンサードリンク
レクタングル大
レクタングル大
おすすめ記事
こちらの記事もいかがですか?

フォローする