腎臓お疲れ度チェックと腎機能低下の対処法

スポンサードリンク

2013/09/08(日)
健康カプセル!ゲンキの時間

 
~お疲れサマーの正体~
腎臓と脱水の危ない関係

 
《腎臓お疲れ度チェック》

スポンサードリンク

 
東京慈恵会医科大学 腎臓高血圧内科 教授
医学博士 横尾 隆 先生より

 
「汗をたくさんかいてアルコールを飲んで、塩をたくさん振った枝豆などのおつまみ
まさに一番良くない

塩分をたくさん摂ることに慣れてしまうと、塩分を摂らないと美味しくないと感じてしまう
夏の間に起こる、一番良くないこと」

 
かくれ脱水の見極め方

尿は基本的に、透明でキレイな尿が出るのが一般的
尿の回数が1日に最低6~7回

尿の回数が1日に7回未満の場合、かくれ脱水の疑いが…

 
腎臓がダメージを受け続けると…

慢性腎臓病(CKD)
腎臓機能の低下が慢性的に続く病気の総称

最も恐ろしいのは…
“自覚症状がほとんどない” こと

自覚症状がないまま、腎機能が低下
症状を感じた時には、透析や腎移植の治療を行う可能性が…!

 
腎臓の治療法
iPS細胞を利用した再生医療の研究も進んでいる、そうです

 
 
あなたは大丈夫??? 腎臓お疲れ度チェック

1)疲れやすい・立ちくらみがよく起こる
2)二日酔いになるほどアルコールをとることがある
3)塩分の多い食事を好む
4)足がよくつる
5)夜間によくトイレに行く

3つ以上当てはまると要注意!

 
足がよくつる
身体の水分バランスが崩れ、かくれ脱水の可能性
→ 腎機能の低下によって起こる症状の一つ

夜間によくトイレに行く
最も危ない腎機能低下のシグナル
腎臓が濃い尿を作ることができなくなり、薄い尿を頻繁に作り続けてしまう

 
腎機能低下の対処法
・塩分控えめの食事
・喉が渇く前に水分補給を心がける

 
 
塩分控えめの食事…
これが頭が痛い…!! ^_^;
 

スポンサードリンク
レクタングル大
レクタングル大
おすすめ記事
こちらの記事もいかがですか?

フォローする