疲れやすい・息切れは、普段の呼吸も原因…??? 『正しい呼吸』とは???

スポンサードリンク

2013/09/29(日)
健康カプセル!ゲンキの時間

今回のゲンキリサーチャーは、TKO 木本武宏さん

 
“疲れやすい”
“息切れ”
普段の呼吸も原因…???

正しい呼吸のメリット
息切れが少なくなり、疲れにくくストレスも軽減!

そこで…!

 
~息切れ・疲れよ さらば!~
『呼吸を変えれば身体も若返る!』

【正しい呼吸とは一体???】

スポンサードリンク

 
(独)国立成育医療研究センターこころの診療部
東京有明医療大学
医学博士 赤井利奈 先生のもとへ

安静時の呼吸をチェック

不安感が高い人は、呼吸が早くなる傾向にあるそうです

なぜ呼吸数が多くなるのか…???

 
板橋中央総合病院 リハビリテーション科 技士長
理学療法士 角本貴彦 先生のもとへ

肺機能をチェック

呼吸数が多くなる原因とは…???

 
機能的残気量
普段の呼吸で息を吐いた時に残っている肺の中の空気量

機能的残気量は、通常40~60%
→ 肺が潰れてしまわず、呼吸をする事ができる

ところが…
空気の入れ換えが鈍くなり、残気量も多くなる事がある

機能的残気量が多いと…
正しい呼吸ができず、呼吸数も多くなる、と…!

 
「呼吸をするための筋肉
“呼吸筋” と言われている筋肉が固くなってしまう」
と、角本先生

 
呼吸筋
呼吸をするための筋肉の総称
吸う筋肉と吐く筋肉に分かれている

呼吸筋は加齢とともに固くなり、動きが鈍くなる

呼吸筋が固くなると肺の動きが鈍くなり、機能的残気量が多くなる、と…!

 
呼吸筋が固くなる他の理由
悪い姿勢・運動不足

肺の中に空気が多く残ってしまう状態になる一因に…!

 
残気量が多くなると息切れだけでなく…
疲れやすい・眠りにくい、ということに…!

さらに、症状が長引くと…
不安感に襲われ、気分が落ち込み気味に…!

 
ただ、普段から運動をしていても…
精神的な “ストレス” が原因で、息苦しさを感じる事があるそうです…!

 
「呼吸は、“呼吸筋” が動いて行うが、呼吸筋の動きは “脳の指令” で動いている
ストレスがかかると、指令が狂ってしまう」
と、赤井先生

脳から指令を受けた呼吸筋は肺を動かし、同じ情報を脳に返す

しかし…
ストレス状態になると、脳と呼吸筋の関係が乱れる
結果、間違った情報が送られ、呼吸が乱れる
すると…
機能的残気量が多くなってしまい、正しい呼吸ができなくなる、と…!

 
 
悪い姿勢に運動不足…???
私の “機能的残気量” 多いかも~??? (+_+)
 

スポンサードリンク
レクタングル大
レクタングル大
おすすめ記事
こちらの記事もいかがですか?

フォローする