インフルエンザの感染ルート 「飛沫感染」と「接触感染」、予防法

スポンサードリンク

2013年12月1日(日)
健康カプセル!ゲンキの時間

ゲンキリサーチャーは、Wエンジン えとう窓口さん

 
流行し始めるのは、いま!
インフルエンザを緊急大特集!

 
~感染ルートを回避せよ~
インフルエンザウイルスの恐怖

 
【インフルエンザは、どのように人にうつるのか???】

スポンサードリンク

 
インフルエンザの3大症状
1)高熱(30℃以上)
2)寒気
3)咽頭痛・関節痛・筋肉痛

特に、38℃以上の熱が急に出た場合は、インフルエンザが疑われる…!

 
 
国立国際医療研究センター
国際医療協力局
医学博士 和田耕治 先生より

 
飛沫感染
感染者の咳やクシャミから飛び出した飛沫を直接吸って感染する

接触感染
手を介して感染する

 
ウイルスの感染力維持時間
紙や布:8~12時間
金属やプラスチック:24~48時間

 
 
飛沫感染

 
咳やクシャミが飛ぶ距離

咳:約1~2m
1回 約10万個のウイルスが放出

クシャミ:約1m
1回 約200万個のウイルスが放出

2m以内にいる人は要注意!
気づかない間に、ウイルスだらけに…???

 
ウイルスは呼吸によって口や鼻から体内に侵入

気道に入ってきたウイルスに対し、身体は追い出そうとするが…
免疫力が低下していると、ウイルスの増殖を防ぐ事ができない…!

1個のウイルスが8時間後には100万個、24時間後には100万個以上に増殖!
感染後、1~2日で高熱や喉の痛みといった症状が現れる…

 
飛沫感染の予防法
「咳をしている人がマスクをして、飛沫を外に出さない」

ただし…
マスクは正しくつける事が大事!

正しいマスクのつけ方
鼻の上のすき間をなくし、顎の下までしっかりカバーする

 
 
接触感染

 
接触感染の要因
共有する物に触ると、感染を広げる原因に…!
ウイルスがついた物のやり取りのみでも、ウイルスは拡散

ウイルスがついた手で口や鼻に触る事で、無意識に体内に侵入…!

 
接触感染の予防法

「念入りで、こまめな手洗い」
親指の周り、指先、指の間などは洗い残しが多いので、念入りに!

「人がよく触れる場所は要注意」
濡れタオルやアルコール消毒液でこまめに拭き取る

 
 
インフルエンザの合併症
肺炎や脳症など、命にかかわる病気を引き起こす可能性がある

 
発症するかしないかは、“個人の免疫力の差”
ウイルスが身体に入った時に免疫が負けると発症してしまう…

ストレスや睡眠不足、身体が冷える事でも免疫力は低下…!

 
 
風邪はひいた事あるけど、インフルエンザはまだかかった事がない…
できれば未体験で終わりたい… ^_^;
 

スポンサードリンク
レクタングル大
レクタングル大
おすすめ記事
こちらの記事もいかがですか?

フォローする