症状で分かる難聴の種類

スポンサードリンク

2014年3月2日(日)
健康カプセル!ゲンキの時間

明日、3月3日は “耳の日”

耳の機能は30代後半から衰え始め、再生させるのは難しい
なので、維持するのが大事…!

そこで…!!

 
~聴力キープの極意~
耳のアンチエイジング

【難聴はなぜ起こる???】

スポンサードリンク

 
慶應義塾大学病院 耳鼻咽喉科
神崎 晶 先生のもとへ

「難聴は、音が伝わる経路のどこかに障害が起こると起こりえる」
そうです

 
難聴の原因を探る検査

・鼓膜とその周辺の検査

・標準純音聴力検査
125ヘルツから8000ヘルツまで、7種類の高さの異なる音の聞こえを調べる

・語音聴力検査
言葉の聞き取りによる検査

 
8000ヘルツ(高音)が聞こえにくい
→ 内耳・神経の障害を疑う “感音難聴” と呼ばれる難聴

 
感音難聴
蝸牛や聴神経の異常により起こる難聴
同時に、耳鳴り・めまいなどを引き起こす事も…!

内耳の細胞で “有毛細胞” と呼ばれる細胞がある
この細胞が障害を受けると、感音難聴になる

 
年齢による難聴
30代後半から蝸牛入口近くの高い音を感じる有毛細胞から壊れるため、高い音から聞こえづらくなる
これが年齢による難聴

ちなみに…
有毛細胞は一度壊れると、再生しない…!

 
〈年齢以外の感音難聴の原因〉

騒音性難聴
ヘッドホンなどで大きな音を長時間 聞き続ける事によって起こる難聴

薬剤性難聴
病気の治療などに用いた薬剤の副作用により発生した難聴

 
 
感音難聴には、病気が潜んでいる場合があるそうです

メニエール病
難聴・耳鳴り・めまいを伴う
内耳の障害で起こる病気

聴神経腫瘍
耳と脳をつなぐ神経の腫瘍により、難聴が生じる病気

 
 
感音難聴以外の難聴

伝音難聴
外耳・中耳の障害により起こる難聴
主な病気は、外耳炎・中耳炎

耳かきで外耳や鼓膜に傷がついて起こるケースも増えているそうです…

 
耳垢の掃除
耳には自浄作用があり、耳垢を外に出す機能が備わっている
なので、基本的には耳の中をいじる必要はない、と…!

 
 
聴力検査の時に出てた高音、しっかり聞こえた♪
耳はまだ “若い” のかな??? ^m^
 

スポンサードリンク
レクタングル大
レクタングル大
おすすめ記事
こちらの記事もいかがですか?

フォローする