10歳若返るための「糖」の上手な摂り方!

スポンサードリンク

2017/04/17(月)

主治医が見つかる診療所

10歳若返るぞ!プロジェクト 第5弾

~糖と油を上手に摂って若返るスペシャル~

糖と油の摂り方は、「老化の予防」「若返り」のキーポイント!

紹介してた…
10歳若返るための糖の上手な摂り方をφ(..)メモメモ~!!

シミ・シワ・動脈硬化の原因!
老化を招く糖化を予防する方法とは…

糖と老化のスペシャリスト!

同志社大学 生命医科学部 糖化ストレス研究センター 教授
八木雅之 農学博士より

スポンサードリンク

食後の血糖値を上げにくくする

血糖値の急上昇を防ぐには、食べる糖の量を制限する事が有効

しかし…

「1つのものだけ極端に減らすことは、あまり良くない
それよりも…
いかに食べ方を工夫して、身体に対するダメージを少なくするか
という方が、工夫のしがいがある」

と、八木先生

八木博士流 糖化を防ぐ方法

1)血糖値を上げない工夫をする

炭水化物自体を単独で食べない!
炭水化物は、タンパク質や野菜と一緒に食べると血糖値が上がりにくくなる、と…!!


うどん+温泉たまご
冷たいうどん+サラダ
白いご飯+牛肉(牛丼)

“野菜を先に食べることによって、食後の血糖値上昇が緩やかになる”
が、野菜を必ずしも先に食べなくても…
一緒に食べることでも、食後の血糖値の上昇を緩やかにできる
という事が分かってきたそうです

2)糖化を抑える物質を摂る

糖とタンパク質の合体を防ぐ食品

野菜:サニーレタス、春菊、ゴボウなど
健康茶:どくだみ茶、柿の葉茶、ルイボスティーなど
香辛料:カルダモン、ローズマリー

手軽に食べられる食品として、八木博士が注目しているのが…???
ヨーグルトの「上澄み(ホエー)」!

プレーンヨーグルトの上澄みの液に、糖の糖化反応を抑えるような作用があることが分かったそうです

日本薬科大学 学長
丁宗鐵 先生のオススメ!

水溶性食物繊維+酢

水溶性食物繊維は…
納豆・オクラ・海藻などのネバネバ食材に多く含まれており…
糖の消化吸収をゆるやかにし、血糖値が急激に上昇するのを防ぐ
と、言われているそうです

酢に含まれる酢酸は…
糖の消化吸収をゆるやかにする働きがある、と…

ナグモクリニック 総院長
南雲吉則 先生のオススメ!

野菜や果物の皮に含まれるポリフェノールには、糖化を抑える働きがある

ポリフェノールを効率よく摂取するには…
皮ごと食べられる、小さい野菜や果物がオススメ、と…

月見うどん!
お昼ごはんによく出してる~ ^m^

そっか…
これって、血糖値が上がりにくいメニューだったんだ~
よかった~♪ (*^^*)

スポンサードリンク
レクタングル大
レクタングル大
おすすめ記事
こちらの記事もいかがですか?

フォローする